モザイクリビングテーブル1200mmの購入体験

私が購入したマスターウォール3品目は「モザイクリビングテーブル」です。
ショールームなど同じ感じにするのに欠かせないのが、このモザイクリビングテーブルです。
(私の中でのみ・・)

 

バスAV&ビークソファ、そしてこのモザイクリビングテーブル。
私が憧れたリビングセットなのです。

 

マスターウォール3種の神器を揃えた感じです。

 

しかもこのモザイクリビングテーブルは、デザインがかなり格好良いですが、
ウォールナットのそれぞれの切れ端を繋げたエコモデルで、
そのために通常のテーブルより価格が安く人気があります。

 

私はリビング用にW1200を購入しましたが、
価格は79000円とかなり安いです。

 

あ、いや本当はテーブルで7万とか高いですが、
すでに私の中で感覚が壊れており、

 

買ったとのときは「やす〜」って思ってしまいました。

 

通常のワイルドウットテーブルが同じW1200で99000円なので、
それから比べると安く感じますよね。

 

まーどちらにしても感覚が壊れていましたね。。
それでは早速、我が家のモザイクリビングテーブルをご紹介します。

 

 

モザイクリビングテーブル1

 

 

リビングのサイズ的には1つ上に1400mmや1600mmでも置けたのですが、
そもそもリビングテーブル自体を使わないので一番小さな1200mmにしました。

 

予想ではもっと小さいかなって思ってましたが、
縦が650mmあるので、

 

以外と大きく1200mmでも十分に重厚な感じがあります。

 

 

モザイクリビングテーブル2

 

 

モザイクリビングテーブルは、なんといっても
まずは、このデザインですよね!

 

もうね〜あれですよ。。。
格好良い!!!の一言です!

 

うちの奥さんは最初、ダイニングもこのモザイクで行こうって話をしていたのですが、
デザインが奇抜な分、ちょっとハイカラに見えてしまい。

 

ダイニングテーブルだとかなり派手に見えてしまうかもしれません。

 

ただ、リビングテーブルとしては、バスAVボードやビークソファと合わせるなら
その2つがシンプルなだけに

 

ひときわ目立つ感じでかなり良いです。

 

デザインも複雑なので、汚れや傷も目立たない感じで良いです。
実は、すでに子供がミニカーを落下させて傷があるのですがわからないですよね^^

 

 

モザイクリビングテーブル横から

 

 

マスターウォールは、
この黒いフレームが格好良いですよね。

 

1200mmだとちょっとフレームが大きく見えますが、
その黒さがまた引き立つ感じになってます。

 

 

パターン画像

 

 

マスターウォールの特徴ですが、足を付ける穴が3箇所あって、
4パターンの足の付け方が出来ます。
リビングテーブルだとあまりですがダイニングテーブルでは、
この調節が結構役に立つと思います。

 

 

足の画像

 

 

一応足には、プラスチックの高さ調節が付いていますので、
フレームで床を傷付けることは無いと思います。

 

ただ無垢なのと鉄フレームですので結構重いです。
引きずり過ぎると傷が付く可能性があり注意です。

 

この頃は、リビングテーブルといえば、
ワイルドなオリジンリビングテーブルも人気のようですが、

 

バスAVボードやビークソファーには、
ちょっと派手なモザイクリビングテーブルが合うと思います。

 

って、なんだかんだワイルドウットテーブルが格好良いですけどね。
少し節約したい方はモザイクリビングテーブルがオススメかもです。

 

 

マスターウォール「モザイクリビングテーブル」の詳しい詳細はこちらです。

マスターウォールのモザイクリビングテーブルを購入した感想モザイクリビングテーブルをポイント還元で買えるお店はこちら